ファンド会社に資産運用を一任!ファンドラップの仕組みとは

どんな人がファンドラップに向いている

ファンドラップとは、利用者の資産運用についての考え方をファンド会社が聞き入れ、投資信託を通じてファンド会社が代わりに資産運用を行うサービスです。資産の状況や、どこまでリスクを取るかといった要望に合わせて、投資家が運用方法を決めてくれます。自分て投資先を探さなくてもよいのが利点ですね。投資に興味はあるけれど、何に投資すればいいのか分からない。まとまったお金はあるけれど、どう運用すればわからない。そんな方でも利用しやすいサービスといえるでしょう。

ファンドラップの流れとは

ファンドラップは、まず利用者の投資方針を確認したうえで、投資家から要望に沿った運用方法について提案してくれます。運用スタイルが決まったら投資一任契約を結び、契約に基づく運用をファンド会社が行ってくれます。また、定期的な運用報告を行い、投資方針の見直しや運用スタイルの修正を行います。これらのサイクルによって運用されているのがファンドラップです。ファンド会社に任せられるので、管理に手間をかけずに効率的な運用が可能なのが大きなメリットです。

ファンドラップの注意点とは

ファンドラップの注意する点はコストがかかることです。預けている資産額に応じて手数料を支払う必要があります。さらに投資信託に関する信託報酬も必要になってしまいます。ファンドラップは自分で投資信託を購入する場合よりも高コストです。自分で資産運用を決められるのであれば、コストを支払う必要はないと考えることもできます。ファンドラップは、投資に対しあまり手間や時間をかけられないが、ほとんど増えない定期預金などに預けるよりもうまく運用したい、という方に向いているサービスといえるでしょう。

ファンドの会社とは、複数の投資家達から集めた資金を運用することで利益を出す会社のことです。ファンドが多く行われている国は、アメリカです。