相続税の事を税理士に相談してプロに任せる

相続税の事はプロに任せる

相続税の事を税理士に相談する場合の一般的な報酬の相場としては、遺産総額の0.5%から1%程度になっています。遺産の総額を調べるとなると、かなり手間がかかります。所有不動産がある場合になりますと、全国価格にあると更に大変です。戸籍謄本の収集も、大変になります。このように手間がかかりますので、1円でも高い税理士を探すと良いです。特に相続税が高額にかかる方ですと、税理士選びを慎重に行うようにする事が重要です。

税制は毎年変わるので注意

相続税の対象課税財産としては、現金や銀行預金や債権等があります。評価は所有形態や利用形態によっても、異なります。税理士によってはマニュアル通り計算をして、報酬が少なく相続税が多くしている税理士もいます。反対に様々な解釈をして、相続財産の評価を下げてくれる税理士もいます。この方になりますと、報酬が多く相続税が少なく済みます。選ぶ時は、相続人同士の人間関係が影響してきます。一人でも反対する人がいますと、難航してしまうためです。

税務調査の時税理士がいると良い

税務調査の時に現れた税務調査員から、鋭い突っ込んだ質問をされる事もあります。普通の人ならこの時に、あたふたとしてしまいます。この時に質問にテキパキ答えてくれる人として、税理士がいると的確な回答をしてくれます。居るだけでも心強いですので、税理士に頼みます。このためにも相談をして立ち会ってくれるのか、確認をしておくと安心です。中には立ち合いを行ってくれない税理士がいたり、質問にきちんと答えられない税理士もいるからです。

相続税の税理士のサポートの内容を確認することで、高額な額を相続する場合であっても安心して対応することができます。