必見!行政書士試験に合格するにはセオリーがある。

行政書士は独学でも合格可能

メジャーな法律家の中で、法律に全く無知な方でも独学で合格可能なのは行政書士です。極論を言えば、弁護士や司法書士も法律に全く無知な方でも独学で合格は可能ですが、あくまでも極論であって現実的には不可能なほど難関資格です。行政書士・司法書士・弁護士の違いは、代理権の範囲に違いがあり、代理権の範囲が最も広いのは弁護士、次いで司法書士、行政書士は官公署に提出する書類の作成と同内容の相談やこれらを官公署に提出する手続に限り代理することができます。

法律の基礎知識がないと合格は不可能

弁護士や司法書士に比べて、行政書士が出来る業務は限定的ですが、資格試験は容易に合格できるものではありません。法律の知識が疎い方が一から勉強するには、法律の基礎知識(基礎法学)から学ぶ必要があり、ネットでは3カ月もあれば行政書士資格は合格できると宣伝しているのは、法律の基礎知識がある人に限ってのことです。法律を学ぶには、一般的な考え方から法律を理解する独特な思考に変える必要があり、ここでつまずくと法律に苦手意識が芽生え勉強を断念することになります。

法律を理解する独特な思考が必要

民法だけでも1000条以上ありますが、一般的教養のある方なら内容は理解できます。ただし、行政書士資格に合格するには法律を理解するだけではなく熟知する必要があり、そのためには法律の基礎知識が必要となります。法律を理解する独特な思考に変えるのに最も有効なアイテムは、マンガで分かるやサルでも分かる類の参考書から手をつけることです。法律を理解する独特な思考と法律の基礎知識を習得すると、行政書士試験のための勉強が捗ります。行政書士試験には、憲法や行政法などの法令科目以外に政治や経済などの一般知識科目からも出題されるので新聞を読むことは欠かせません。

行政書士の試験の内容は、ネット上の資格試験に関する情報サイトなどで紹介されることがあり、各自の生活のスタイルに応じて受験対策を立てることが大切です。