損をしたくない初心者必見!ファンドで始める株式投資

そもそもファンドとは何なのか

ファンドというのは、大勢の人たちから少額ずつお金を集めて一つのまとまった資金にして、それを運用していくタイプの金融商品を言います。少額から参加ができるというのが、ファンドの大きな特徴の一つです。初心者の方は使えるお金の額も少ないでしょうし、まずはこうした金融商品から始めてみるのがいいかもしれませんね。ファンドは、多くの商品に分散投資をすることも簡単です。したがって、リスクはかなり低く抑えられるので損をしにくいわけですね。

ランキング上位のファンドなら安全度も高い

ただ、ファンドは売上が好調でないなら、繰り上げ償還されてしまうこともあります。つまり、ファンドの運用が途中でストップしてしまうわけです。もちろんお金はそのときの基準額や口数に合わせて返還されますが、やはり繰り上げ償還は回避したいものですよね。ランキング上位の売上高の高いファンドであれば、繰り上げ償還のリスクはほとんどないと言ってもいいでしょう。人気が高いものを選択しておくのが、間違いのない方法となります。

証券口座を作れば簡単に利用可能

2000年代に入ってからは、ETFという新しいタイプのファンドも数多く登場しています。ETFは、上場しているファンドのことです。上場しているわけですから、通常の株と同じように証券口座があれば自由に取引できます。リアルタイムで取引ができますし、ETFは手数料が最小限で済ませられるので便利です。まずはこうしたものから始めてみれば、初心者の人もスムーズに株デビューができるのではないでしょうか。安全度は比較的高いです。

ファンドのランキングの利用方法を学ぶことによって、株式投資に関するテクニックを身に着けることが可能です。